片頭痛(偏頭痛)のメカニズム

片頭痛(偏頭痛)の発生メカニズムについては、まだ完全に解明されていません。
(徐々に解明は進んでいますが・・・。)

ここでは、現在最も有力視されている『三叉神経血管説』と、今まで最も有力視されていた『血管説』について簡単に説明します。
(詳しい医学的説明を知りたい方は、『三叉神経血管説』『血管説』で検索してみて下さい。)

三叉神経血管説

頭部の大部分に分布する三叉神経が関与するとした説です。
何かしらの要因で神経伝達物質の神経ペプチドが過剰に分泌され、血管周囲に炎症が起こり、それが三叉神経を経て脳に痛みとして伝達され、頭痛が起こるという説です。

血管説

まず、何かしらの要因で体内にあるセロトニンと呼ばれる化学物質が分泌されます。このセロトニンの作用で、脳血管が収縮を起こします。
しばらくするとセロトニンが排泄され、今度は脳血管の収縮を維持することができなくなります。
そのため、今度は血管が異常に拡張した状態になります。これにより炎症物質が産出され血管壁に炎症が起こります。
この炎症が痛みとして伝達されて頭痛を引き起こします。

片頭痛(偏頭痛)の原因