片頭痛(偏頭痛)の検査・診断

片頭痛(偏頭痛)は検査ではわかりません。片頭痛(偏頭痛)の診断は、頭痛の症状などの患者さんからの問診によってされます。しかし、片頭痛(偏頭痛)と診断するには、他の脳の器質的疾患を除外する必要があります。そのため、診断をする際にはMRIやCTなどを用いて脳の検査を行う場合もあります。

参考までに国際頭痛学会による片頭痛(偏頭痛)の診断基準を要約して記載しておきます。

前兆を伴う片頭痛(偏頭痛)

A.次のB〜Cを満たす頭痛が2回以上ある

B.次のいずれかを満たす前兆がある
〇覲仂祿欧篁覲Δ両端困ある(持続時間は5分以上60分以内)
体の感覚が麻痺する(持続時間は5分以上60分以内)
失語性言語障害(持続時間は5分以上60分以内)

C.その他の疾患による頭痛を否定できる

前兆を伴わない片頭痛(偏頭痛)

A.次のB〜Eを満たす頭痛が5回以上ある

B.頭痛発作が4〜72時間持続する

C.次のうち、少なくとも2項目を満たす。
(丗性の頭痛である
拍動性の頭痛である
C翕度〜重度の頭痛(日常生活が困難)
て常的な動作により頭痛が憎悪する

D.発作中、次のいずれかを満たす
^心あるいは嘔吐(もしくはその両方)
音過敏および光過敏

E.その他の疾患による頭痛を否定できる

片頭痛(偏頭痛)の予防法