片頭痛(偏頭痛)って何?

片頭痛(偏頭痛)

頭痛、おそらく誰もが経験をしたことがあると思います。

風邪をひいたとき、寝不足のとき、パソコンなど目を使う仕事を長時間したとき、はてはお酒を飲みすぎたときなど・・・。

では、片頭痛(偏頭痛)とはどういった症状なのか。

日本人の3割が慢性的な頭痛、すなわち『頭痛もち』だといわれています。
その『頭痛もち』の3割が『片頭痛(偏頭痛)』です。

片頭痛(偏頭痛)は、頭のこめかみ付近が脈を打つように『ズキンズキン』『ガンガン』と痛みます。
その痛みは非常に強く、痛みのあまり吐き気を催す人も多いです。

片頭痛(偏頭痛)の患者数は、男性の方よりも女性の方の方が多いといわれています。

現在の医学では完治させることは非常に難しい病気です授業中や、通学・通勤の電車の中、会議中など、なかなかトイレにいけない状況でお腹が痛くなって焦ったこと、皆さんも一度は経験したことがあると思います。

片頭痛(偏頭痛)のメカニズム